お電話でのお問い合わせは、1-604-681-0856までどうぞ Emailでお問い合わせはこちら 留学・学校相談専用フォームはこちら
移民・ビザ・サポート

移民・ワークビザの現状について

2009年2月までは、オリンピックを控えワークビザ・移民ビザが今まで以上に前向きに対応されておりましたが、その3月にカナダも世界不況の渦に巻き込まれ、現地での失業率は7.2%となってしまい、海外労働者を受け入れている場合ではない、と政府が方向転換を始めました。

オリンピックが終わった今ワークビザを申請するために求められているものは学歴・職歴を持った方になります。学歴がなくともしっかりとした職歴がありスキルを持っている方、職歴は無くともしっかりとした学歴を持ちその専門知識をお持ちの方を探しております。

もちろんカナダは移民を受け入れなくては成立しない国ですので移民がなくなってしまったわけではありません。可能性は方法を考えたらまだあります。

なにしろ、チャレンジ精神を持って、自分の生きる舞台を探してみてください。当社はそんな頑張る方々を応援しています。

E-LMO パイロットプログラムって何?

近年、カナダ労働市場の人材不足を背景に、カナダ人材開発部(HRSDC)とカナダ移民局(CIC)より新たにE-LMOプログラムが発表されました。『E-LMO』の“E”はExpedited(優遇された)の略で、文字通り指定された33種類の職種に限り、LMO承認を優遇されるというものです。カナダで長期で働きたいワーキングホリデーの方や留学生の方にとって、これまでにない絶好のチャンスです。 また雇用主の方もこのE-LMOプログラムを利用することによって、良い人材を長期的に確保することができるでしょう。

提携先であるカナダ政府公認移民事務所の支援のもと、無料で皆様のカウンセリングに対応させていただきます。

  • 申請条件:ブリティッシュ・コロンビア州及びアルバータ州で1年以上の経営且つ1名以上カナダ市民又は移民を雇用
  • 適用職種:2008年2月現在33職種。レストランサーバー、ホテルフロント、ツアーガイド、配達運転手、スキーインストラクター等。
  • 申請流れ:(1)雇用主がE-LMOに参加する資格の申請 (2)外国従業員のため、個別にE-LMOを申請 (3)外国従業員がワークビザを移民局へ申請
  • 短期間で労働ビザの取得ができます
  • 審査要点:申請条件、現地労働市場への求人、給与の設定、労働契約、外国従業員の資格等
  • 申請期間:それぞれのステップは1週間程度かかるが、広告・書類のデリバリーをいれて、2-4週間の見込。
専門家による個人面談

移民・ワークビザ取得セミナー

1対1で無料で相談に応じます

会場:クラブハウス・日加センター(地図はこちら

要予約

ご予約・お問い合わせは604-681-0856までお気軽にどうぞ☆

移民・ビザ・サポート お問い合わせ

お問い合わせは、クラブハウス・日加センターまでお気軽にどうぞ。

Tel:1-604-681-0856   Fax:1-604-681-0814

Email:info@clubhousecanada.com

地図 | 会社概要

提携先:カナダ政府公認移民事務所